第五回大輪塾朗読劇のチラシ

「詩人が書いた幻想童話集」(2017年11月9・10日青山マンダラ)

ご挨拶

本日はお越し下さり、ありがとうございます。
大輪塾では演劇だけでなく、世界の名作映画、文学、絵画などに関する講義も行っておりますが、第5回になる今回の朗読劇では「詩人の書いた幻想童話集」と題して、詩人達が残した美しい童話を取り上げました。アンデルセン、寺山修司(彼等の童話もあまり読まれない昨今ですが)と、まずはその名を耳にする機会のない吉田一穂、小熊秀雄の作品です。
しかし、人の目に触れることも無く、その存在さえ知られないこうした詩人の童話作品は、青年詩人が極貧の中で書き綴った本当に美しい幻想ヴィジョン、宝玉の言葉の華なのです。
今回は、こうした作品が塾生役者達の心の中に生涯忘れることのない財産となる事を願い、また皆様にも日本の詩人達が奏でた幻想童話の魅力を味わって頂きたく、公演に選びました。最後に彼等を敬愛してきた私の書いた童話集の中からも一編を加えさせて頂きました。
大輪塾主宰 大輪茂男


アンデルセン
1805年生、デンマーク。彼の童話がはじめて世にでたのは、1835年、30歳のときだった。「子供に話して聞かせるお話」という本で、「小クラウスと大クラウス」など3編の民話にもとづいた話と「小さいイーダの花」という創作童話がおさめられていた。その文名は、小説「即興詩人」によって、すでに高められたものの、童話は子供だましにすぎないとして、当時はあまり評価されていなかった。しかし、子どもやまずしい人たちによって愛読されていることを知って、アンデルセンはそれ以後も童話を書きつづけ、3冊目の童話集におさめられた代表作である「人魚姫」によって、童話もすばらしい文学でありうることがみとめられ、近代童話の確立者としての名声をえることになった。以来、156編にものぼるアンデルセン童話は、グリム童話とならぶ童話の古典として、今なお全世界の子どもたちに読みつがれている。随想風作品「絵のない絵本」等がある。

吉田一穂(よしだ・いっすい)
1898〜1973。北海道上磯郡で漁場の網元の子として生れる。早稲田英文科中退。第一詩集『海の聖母』で北原白秋の激賞を受けた。金子光晴らと日本詩会を創設。「詩と詩論」同人を経て、北原白秋、佐藤一英、逸見猶吉らと「新詩論」を創刊。“イデエとしての詩”を考える独特の詩人であった。『故園の書』『稗子伝』『未来者』等の詩集のほか、『海の人形』をはじめとする童話集もある。

小熊秀雄
1901年北海道小樽市稲穂町に生まれる。幼少期を稚内市・秋田・樺太で過ごし養鶏場の番人など様々な雑務作業に従事した後、旭川新聞社で新聞記者となる。この頃から詩作を始め、27歳で上京後は雑誌社や業界新聞で働きながら、雑誌『民謡詩人』などに作品を発表。「小熊秀雄詩集」長編叙事詩集『飛ぶ橇』で詩人としての地位を確立、自由や理想を奔放に歌い上げる作風で、詩壇に新風を吹き込んだ。詩作にとどまらず、童話・評論・絵画など幅広い分野で活躍した。「池袋モンパルナスに夜が来た」という文で始まる詩を発表。「池袋モンパルナス」の名づけ親といわれている。

寺山 修司
1935年ー1983年。日本の歌人、劇作家。演劇実験室「天井桟敷」主宰。「言葉の錬金術師」の異名をとり、上記の他に俳人、詩人、演出家、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、評論家、俳優、写真家などとしても活動、膨大な量の文芸作品を発表した。競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほどであった。メディアの寵児的存在で、新聞や雑誌などの紙面を賑わすさまざまな活動を行なった。

大輪茂男
1946年生。音楽プロデューサー、演出家。
著作に、小説「パリ築地明石町」詩集「青の光」童話集「星降る夜の綱渡り」戯曲「イヴモンタン」「どん底龍馬」「ロータスの王冠」等がある。
2015年11月19日 | Comment(0) | 日々の泡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright(C)2000 shigeo owa Arlequin LTD ALL right reserved